サブアカウントを利用したスマーフ行為に関して

「伝説対決 -Arena of Valor-」プロデューサーよりメッセージ 


プレイヤーの皆様、こんにちは。

一周年記念イベント「聖焔祭」はいかがでしょうか。 今週はアップデートも予定され、プレイヤーの皆様には新しい体験を提供できることを楽しみにしていますが、今回はサブアカウントを利用したスマーフ行為に関してお話したいと思います。

スマーフとは、本来の実力よりも低いレベル帯やランクでプレイすることで、運営としてこれを推奨することはありません。理由としては、スマーフにより圧倒的実力差のある対戦を強いられることになり、敵味方双方のプレイ体験を損ねる可能性があるからです。

しかし、アカウントを新規に作ることの容易さおよびスマーフ行為という線引きが難しい事からこれを取り締まることは非常に難しいことです。 また、余りにも厳しいアカウント作成条件は純粋にゲームを楽しみたいプレイヤーが影響を受けることになってしまいます。 そのため、禁止や規制を加えるのではなく、運営としては推奨しないとしています。

ただし、競技性の高いゲームモードで大きな悪影響を与えるスマーフ活動については、見つけ次第対処をする場合があります。その場合は、サブアカウントだけでなく、本来のアカウントに対しても処罰する可能性があります。

なお、一部の上位レベルのプレイヤーがマッチングに不満を抱えていることについては、別途解決策を模索しております。一朝一夕には解決しないかもしれませんが、どのレベルのプレイヤーにもより良いゲーム体験を提供できるようこれからも努めて参りますので 今後とも伝説対決をよろしくお願いいたします。

本件に関してのお問い合わせはsupport@arenaofvalor.jpまでご連絡ください。

ニューストップへ