アップデートの変更内容(Beta 24.5) ※12/12 追記

Beta24.5「反撃の始まり」のお知らせ

勇敢なるヒーローの皆様、

『伝説対決 -Arena of Valor-』は12月12日(木)※予定に新バージョン「反撃の始まり」のアップデートを実施いたします。

メンテナンス期間

12月12日(木)午前中 ~夕方までを予定しております

※メンテナンスが開始する30分前から、マッチングができなくなります。

※アップデートの日付は変更する場合がございます。予めご了承ください

 

今まで、我々は豊富なコンテンツと斬新なゲーム体験が、皆様にとって一番大事な事だと考えてきました。 それを提供するために、新しいコンテンツの開発に力を尽くしてきましたが、ある時からプレイヤーの皆様の基本的な体験の改善にもっと力を入れるべきであると気づきました。

そして、我々はシステムを通じてプレイヤーの皆様からのフィードバックとアドバイスを分析し、研究しました。

皆様のおかげで、我々は大きな問題に気づく事ができたと思います。

今回のバージョンアップを皮切りに、今後はこのような問題を解決し、

皆様により素晴らしい『伝説対決 -Arena of Valor-』を提供したいと考えています。

「反撃の始まり」のバージョンでは、ゲームの性能、一部ヒーローの操作感、戦闘時のターゲットの切替、および戦場での体験など、マッチ内の体験を改善しました。

また、ヒーローのバランス、マッチ以外のシステムなども調整し、新しい対戦モード「インフィニティバトル」も追加しました。

今回の改善でより良いマッチを体験していただきたいと思います。

アップデートの詳細は記載の日時に更新させていただきますので、12日のアップデートまで今しばらくお待ちください。

 

一、性能の改善


1.ラグの改善

---変更した背景:タイムラグに関するフィードバックを継続的にいただいたため改善しました。

新バージョンでは、すべての端末でより快適にプレイしていただけると思います。特に集団戦の際に発生するタイムラグの問題を解消いたしました。

2. クラッシュの改善

----変更した背景:iPhoneで長時間プレイすると、クラッシュまたはフリーズする不具合が発生していました。

それに対して、我々のエンジニアが原因を調査して改善し、新バーションで本不具合をほぼ解消しました。

しかし、iPhone5SやiPhone6などのRamが1GB以下のiOS端末で未だに不具合が発生する場合がございますので、連続で6~7マッチするごとにアプリを再起動することをお勧めしております。

3. UIシステムの改善

---変更した背景:一部の端末でUIシステムのローディング時間、または画面の切り替え時間が長いとのフィードバックがあったため改善しました。

今後もゲーム体験に悪影響を及ぼす、システム性能上の問題を継続的に観察して改善していきます。

4. 一部ボタンの改善

「ヒーロー詳細」「イベント」「ロビー」にて、一部のボタンが小さく、正確に押しにくいため、デザインを修正して改善しました。

5. 「流暢」の画質を追加

---変更した背景:より多くのプレイヤーに、よりスムーズに「伝説対決」をプレイしていただけるように「流暢」画質を追加しました。

これによって新バージョンで、我々は一部の端末のタイムラグの原因であるピントを改善することができました。

「流暢」を設定することで、「デス詳細」や「ヒーローステータス」などの、マッチ内の一部機能が閉じられます。

6. アプリ改善

---変更した背景:新しい機能やコンテンツの追加に伴い、アプリの容量が膨らみ、一部の端末へのストレージ負担が大きくなっています。

なおかつ、スペックの低い端末は一部の高品質リソースを使用することができないため、全てをダウンロードするのはストレージの無駄使いだと考え、新バージョンで改善できるように取り組みました。

6.1. アプリの初期サイズを減少

すぐにマッチを始められるようにアプリの初期サイズを小さくしました。

縮小したアプリでも、すぐにグランドバトルやランクマッチをプレイすることができます。

6.2. マッチ内の必須リソースは自動的にダウンロード

ホーム画面に入ると、マッチ内のスキン、ヒーローのボイスと効果音など、一部マッチ内で使われるリソースが自動的にダウンロードリストに追加されます。

ダウンロードが未完了の状態でも、マッチを開始することができます。

6.3. 一部の機能とリソースの手動ダウンロード

ヒーローとスキンに関連するリソースや一部の機能に対して、プレイヤーが各自のニーズによって手動でダウンロードすることができます。

6.4. 端末により自動的に適するリソースをダウンロード

一部の端末は高品質のリソースを利用することができないため、そのリソースを手動で間違ってダウンロードしないようにリストから取り外しました。

6.5 ストレージの改善

上記の内容もストレージ改善に繋がりますが、新バージョンではアプリ自体のストレージ改善も行いました。

これで少しでもストレージ負担を改善できると嬉しいです。 

6.6. 後続バージョンのアップデート

手動でダウンロードしたリソースは、今後のバージョンアップで、自動的にダウンロードされます。

 

二、操作感の改善


---変更した背景:新バージョンでは、マッチの基本体験やマッチの情報を改善しただけではなく、多くのヒーローの操作感も改善しました。

主にヒーローがアビリティを発動するときの予備動作と反発時間を調整しました。 皆様には、より良いゲーム体験を感じていただけると嬉しいです。

操作感を改善したヒーロー:

  • クリクナック、マックス、バタフライ、アゼンカ
  • ムラド、愛里、ヴェレス、龍馬、アレイスター
  • アリス、趙雲、バットマン、アミリー、ナクロス
  • ムガンガ、テルアナース、アネット、クィレン
  • スリムズ、キャフェニー、疾風

今後、他のヒーローも調整する予定です。 上記のヒーローを体験した後、感想やアドバイスがございましたら、ぜひ教えてください。

 

三、バランス調整


詳しくはこちら

 

四、マッチ内の操作改善


---変更した背景:ほとんどのプレイヤーにこのような経験があると思います。

通常攻撃しながら移動すると、ターゲットの捕捉判定が混乱し、行ったり来たりと、正しく捕捉できない状態になってしまう、ということが。これは、ターゲットが射程範囲外にいる時、自動的にターゲットを捕捉する機能がちゃんと動いている証拠でもあります。

補足機能が正しく作動していること自体は問題ないのですが、やはりプレイヤーには自由度を高くプレイしていただきたく、このスイッチを追加しました。

「ON」にすると、過去と同じく移動中での自動ターゲット捕捉をします。

「OFF」にすると、範囲外のターゲットを自動的に捕捉しません。

 

五、マッチ中の情報


1. ダークスレイヤー、ドラゴンクレイダスのアビリティ発動提示

---変更した背景:以前のバージョンでは、ダークスレイヤーとドラゴンクレイダスがアビリティを発動する時の予備動作がやや早く、攻撃範囲が分かりにくいため、このアビリティを避けることが難しいとの声があがっていました。

その事象を改善するために、我々はダークスレイヤーとドラゴンクレイダスのアビリティ発動時に範囲がわかる警告ラインを追加いたしました。アビリティを発動する時に、モンスターの足元に円状のラインが表示されます。

その予備動作が終わる前にライン範囲外まで離れると、そのアビリティのダメージやコントロール効果を避けることができます。

2. タワーのHP位置の改善

過去のバージョンでは、タワーのHP表示は常に上方に固定されていましたが遠距離タイプのヒーローがタワーを攻撃する時、タワーのHPが見えないことがあります。

タワーのHPが低いか確認したいという声に応えるため、我々はタワーにギミックを入れました。タワーのHPが一定値まで下がると、HPバーの位置はヒーローとタワーの距離を計算して自動的に見えるように調整しました。

3. 戦力表示の追加

---変更した背景:過去のバージョンでは、右上の「対戦成績」からのみ、相手の装備などを確認することができましたがこの情報をシンプル化して簡単にわかるように調整しました。

今回のバージョンでは、装備の合計額を常にヒーローのHPバーの右に表示するようにしました。装備を購入する度に金額は更新されます。

こうすることで、相手の戦力を把握できるようになり、バトルするか撤退するか、より正確な動きの判断に繋がることが期待されます。

この機能は「設定」→「インターフェース」→「戦力表示」で設定可能です。

4.装備ショップの改善

---変更した背景:一部のプレイヤーは、ヒーローを移動させながら装備を購入する事があります。しかし、ショップのタグが左側に置かれているため、移動しながらタグを切り替えることが難しいとの声をいただきました。

その要望に答えるため、装備ショップ表示を改善いたしました。このバージョンから、設定画面の「装備ショップのタグ切替」でショップのタグの位置を右側に設定できます。そうすることで、左手で移動しながら、右手でタグを切り替えて装備を購入することができます。

5. 演出の改善

---変更した背景:過去のバージョンでは、加速と回復の演出効果が明確に見えないため、その演出表現を強化しました。

 

六、世界観


1. 伝記

アタノールのマップで、「伝記」を追加しました。「伝記」をタップで伝説対決のメインストーリーを閲覧することができます。伝説戦場に関する波瀾万丈の物語を是非ご覧ください。

2. ヒーローQ&A

ヒーローQ&Aシステムを追加しました!ヒーローの絆が「コンビ」になると、アタノールのマップへ行くと一定確率でヒーローQ&Aが出てきます。そこでは伝説対決の世界観を理解を深めるだけではなく、ヒーローの絆ももらう事ができます。

現時点でのQ&Aシステムの対象ヒーロー:

  • ヴァイオレット、バタフライ、ムラド、エロール
  • イーシャ、イェーナ、疾風、トゥーレン、エンゾ
  • リリアナ、リクター、ダーシー、オーメン
  • ヴォルカス、マロック

他のヒーローは今後のバージョンで続々リリースする予定です。

3. 絆システムに新しいヒーローを追加

絆システムに、アネット、クリジス、ジル、オレンド、蓮、アリスおよびジ ップが追加されました。

4. ヒーローの人物関係の解放条件を改善

過去のバージョンで、ヒーローの人物関係の解放条件が複雑すぎるとの声を いただきました。

このシステムを作った本意と離れた気がしており、より簡単にヒーロー達の 関係がわかるように、人物関係の解放条件を改善しました。

また解放していない様でしたら、是非やってみてください。

  

七、新しい対戦モード「インフィニティバトル」


新たなモード「インフィニティバトル」をついにリリースします!暗黒王ヴォルカスの復活後、黒魔術師達が魔法都市カロンノを囲み侵攻しました。後に「魔導士の戦い」と呼ばれるこの戦いで、ディラクはカロンノの魔法塔の力を利用して勝利を収めました。

「インフィニティバトル」では、すべてのヒーローのアビリティとアクティブ装備のクールダウンが70%短縮され、マナの回復速度も大幅に上昇します。さらに、マッチ中、クラスによるボーナスステータスをもらえます。

「インフィニティバトル」がより白熱するために、我々はミニオンの数を減らし、アビリティを増強したので、ヒーロー間での戦いにもっと集中できる事でしょう。 また、全体的にクラスのバランスを調整し、ヒーローの耐性と移動速度を上昇させました。

「インフィニティバトル」では、タレントの「ディスラプト」が使用禁止となります。また、すべてのヒーローはレベル2から開始します。 ※12/11 追記

以下、ヒーローアビリティの調整 ※インフィニティバトル時

  • ヴィーラのアビリティ2と3は移動しながら発動可能になりました。
  • アビリティ1の反動時間は短縮されます。
  • ディラクのパッシブは無効になります。(近日ヒーローリリースを予定しております)
  • アゼンカのアビリティ1と3の詠唱時間が短縮されます。
  • ギルダーのアビリティ1の強化通常攻撃とアビリティ2の詠唱時間が大幅に短縮されます。
  • ジョーカーのアビリティ1の詠唱時間が大幅に短縮されます。
  • グラックのアビリティ1と3の使い心地を調整しました。

 

■クラスのバランス調整 ※インフィニティバトル時

  • タンク:与ダメージ+20%、移動速度+20、攻撃速度+10%
  • マークスマン:被ダメージ軽減+10%,移動速度+20,攻撃速度+20%
  • サポート:与ダメージ+10%,移動速度+20
  • メイジ:被ダメージ軽減+10%
  • ウォーリア:与ダメージ+5%,被ダメージ軽減+5%,移動速度+20,攻撃速度+10%
  • アサシン:被ダメージ軽減+10%,攻撃速度+10%

 

■アビリティのクールダウンの調整 ※インフィニティバトル時

  • ヴァイオレット:アビリティ1の基本CDは5.5秒
  • イルミア:アビリティ1の基本CDは4秒、アビリティ3の基本CDは80秒
  • ローリエ:アビリティ2の基本CDは20秒
  • ダーシー:アビリティ1の基本CDは12秒
  • ザニエル:アビリティ3の基本CDは50秒
  • マックス:アビリティ3の基本CDは50秒
  • ワンダーウーマン:アビリティ2の基本CDは15秒、アビリティ3の基本CDは40秒
  • ギルダー:アビリティ1の基本CDは12秒、アビリティ2の基本CDは11秒
  • バルダム:アビリティ2の基本CDは12秒
  • アゼンカ:アビリティ2の基本CDは8秒
  • クリシー:アビリティ1の基本CDは8秒
  • ヴィーラ:アビリティ1の基本CDは9秒

 

■ヒーローのバランス調整 ※インフィニティバトル時

  • スリムズ:与ダメージ+5%
  • ウィスプ:与ダメージ+10%
  • キャフェニー:与ダメージ+15%
  • ヨーン:与ダメージ+10%
  • スカッド:与ダメージ+5%
  • リンディス:与ダメージ+10%
  • ブリュンヒルダ:与ダメージ+10%
  • ズーカ:与ダメージ-5%
  • ジョーカー:与ダメージ-10%
  • エルス:与ダメージ+5%
  • オレンド:与ダメージ+5%
  • カーリー:与ダメージ+5%
  • エンゾ:被ダメージ軽減+5%
  • アーサー:被ダメージ軽減+10%
  • ウィーロ:被ダメージ軽減+10%
  • キルグロス:被ダメージ軽減+10%

  

八、ヒーローとスキンのリメーク


ヒーロー:ナタリア

■スキン

  • ヴァイオレットのスキン「トップガン」
  • ナタリアのスキン「レオ」
  • ナタリアのスキン「アズール」
  • ナタリアのスキン「カメラ女子」
  • ナタリアのスキン「雪の祭典」

  

九、マナー違反行為に関する改善


1. サポート役に対する通報判定を改善

サポートのヒーロー達は、ゴールドをあまり獲得しない代わりに、視界を確保し、味方の支援に立ち回り、チームをバフする役も背負っています。

味方に不利なマッチでは、茂みの視界を確保したためにサポート役は特に奇襲されやすくもあります。 しかし、通報の項目「消極的なマッチ」のロジックはこの状況を充分に考慮していませんでした。

その為、チームのために犠牲になったサポート達が「消極的なマッチ」をしたと間違って判断していました。新バージョンでは、味方が不利な状況のマッチではサポートに対する通報は緩める事にいたしました。

2. 圧倒的に不利なマッチの通報判定を改善

相手をよせつけない程、突出したマッチは、いつもリズムが早く進行するため、負けている方の特定ポジションの戦績が明らかに悪くなります。

タンクでも一瞬で消されやすく、ウォーリアやアサシンはさらにひどく、サポートが茂みに入って戻れないかもしれないなどの状況で、プレイヤーは自身のKDAの成績を守るため、なかなか味方チームのコアから離れにくくなります。

その結果、他の味方プレイヤーは更に敵エリアへ攻める事ができず、さらに悪い戦績へつながります。

この様に圧倒的に不利な状況で進行するマッチが間違って判断されないように、なおかつ、もっと積極的に進行できように、我々は適切に各ポジションのペナルティー判定を調整しました。

3. 味方が離席したマッチの補償を上方修正

味方が離席しても頑張って戦うプレイヤー達にもっと相応しい報酬を与えたいと、かねてから思っていました。 新バージョンでは、離席したプレイヤーのブレイブポイントはシステムに回収され、他のメンバーで山分けすることにしました。

もし、味方の長時間離席の状況で勝利を取った場合、離席した味方のスターもブレイブポイントへ転換して山分けされます。

4. マナー違反行為の注意メッセージ

プレイヤーがマナー違反行為を行った際、すぐに注意を促す事でマナー違反を抑える事ができないかと考えました。

新バージョンでは、マッチ内での暴言や悪質な行為などがマナー違反と疑われると、マッチ中、すぐに注意喚起のメッセージが送られます。

このメッセージを無視して継続的にマナー違反の行為を行うと、信用スコア減点のペナルティーを与えられます。

5. 通報の上限回数を制限

マナー違反の行為に遭った時は、通報していただく事を推奨していますが、マッチごとに敵5人と味方4人を通報する行為は少し過剰と思われます。

今後は、通報するときに理由を一つ以上を選択する必要があるうえ、週単位で基本通報回数の上限を設けました。

ランクマッチやグランドバトルを問題なく完了すると、通報回数が追加されます。 この制限による影響は今後も観察し続け、通常の通報が妨げられないように調整いたします。

6. 通報メールの改善

通報が有効になった場合、通報者が通報の減点額とシステムの減点額を記載できようになりました。

短時間の離席でシステムに離席と判断されなくても、マッチ終了後に「報酬はありません」と表示されてしまう不具合を修正しました。

実際には、ペナルティーもなく、報酬も普通に受け取れますのでご安心ください。

 

十、その他のシステムの改善


1. ヒーローの初回使用時に適切なタレントをおすすめ

初めてヒーローを使う時、どのタレントが良いのか悩んだ経験がありませんか?このバージョンでは、この様な悩みを解消できるように、それぞれのヒーローに適切なタレントを設置しました。

2. ヒーローアビリティの簡略説明を追加

新しいヒーローが登場すると共に、複雑なアビリティも増えています。 アビリティの効果をすぐに理解できるように、簡略版の説明を追加しました。

3. ロビー中でもチーム招待を受け入れ可能

過去のバージョンでは、ロビーに入るとチーム招待を受けることができなくなり、チームを組むのに不便に感じることがありました。

チーム体験をよりスムーズにできるように、このバージョンからはロビー中でもチーム招待を受けることができます。

さらに、他のチームへの加入申請もできます。

この招待に関する表示は邪魔にならないように、小さなヒントとして表示されます。チームを組んでランクをどんどん上げて行きましょう!

4. 伝説称号の改善、過去の最高の称号の表示を追加

プレイヤー情報へ「マイヒーロー」の情報を追加しました。

「マイーヒーロー」は優先的に過去最高ランクの伝説称号を表示します(今回のバージョンから計算)。 伝説称号を受け取ったことがない場合は、代わりに最高熟練度のお気に入りヒーローを表示します。

また、新しい「伝説称号」のタグを追加しました。 このバージョンから、プレイヤーが受け取ったすべての伝説称号を記録します。 ここで、各ヒーローの伝説記録、最高戦力や獲得回数などを確認することができます。

 

十一、バグの修正


  • システムメールを読んだ後にホームへ戻っても、メールの文字が消えない不具合を修正しました。
  • 時折システムの効果音が出ない不具合を修正しました
  • エンチャント「輪廻」の実際のクールダウン時間が説明より長い不具合を修正しました。
  • 視界のない地域に霧を表示する機能が正確に機能しない不具合を修正しました。
  • リンディスのアルティメットアビリティの攻撃範囲が明らかに提示範囲より広い不具合を修正しました。
  • ヴォルカスが魔化状態で装備とエンチャントの「神の加護」を発動させる不具合を修正しました。
  • ヴォルカスの馬上時に移動速度を低下された場合、降りる時の着地位置がズレる不具合を修正しました。
  • ナクロスのアルティメットアビリティが敵に命中していないにも関わらず敵を空中に飛ばしてダメージを与える不具合を修正しました。
  • ロクシーがマッチ中に白い光を出す不具合を修正しました。
  • 複数のフロレンティーノが同時にアビリティ1を発動すると、一部の「3輪の花」が消える不具合を修正しました。
  • 脱戦時のモンモンのHP回復効果がイーシャの回復効果になる不具合を修正しました。
  • モンモンが受けた敵のヒーローのダメージ量がイーシャの被ダメージ量に計算される不具合を修正しました。
  • モンモンの頭上に他のプレイヤー名を表示する不具合を修正しました。
  • 一部のヒーローがコントロールを受けない状態でも、イーシャの強化されたアビリティ1「マッシュルーム」でコントロールされる不具合を修正しました
  • キルグロスがエンチャントの「悪魔の覚醒」を装着し、短時間に2連続でアビリティ2を発動すると、2回目のアビリティが機能しない不具合を修正しました。
  • オレンドがたまに胡蝶の現位置に瞬間移動しない不具合を修正しました。
  • オレンドのHPの表示不具合を修正しました。 ※12/11 追記
  • ヴェレスがキルされた時、モーションがおかしい不具合を修正しました。 ※12/11 追記
  • ジップのパッシブアビリティ説明の表示不具合を修正しました。 ※12/11 追記
ニューストップへ