不適切な言動をするプレイヤーへの対処について

「伝説対決 -Arena of Valor-」プロデューサーよりメッセージ 


プレイヤーの皆様、こんにちは。

今回はMOBAジャンルである伝説対決とは切っても切れない関係にある暴言やトロール行為、またシステムを悪用したプレイなどへの対処についてお話ししたいと思います。

 

上記の不適切な言動にはその行為がゲームにもたらす影響、また、悪質性を鑑みながら対処(処罰)を行うことになります。

例えば、暴言などは一時的に熱くなってしまったことから発してしまう可能性もありますし、トロール行為(利敵行為)とされるものは初めてゲーム(もしくはヒーロー)をプレイする時にも意図せずに行われてしまう可能性もあります。

そういった不適切な言動には一時的な処罰を与えることになる可能性があります。

一方で熱くなったでは済まされない相手を極度に侮辱する表現を使った暴言や意図的でなければ起こりえないシステムを悪用したプレイなどには、長期間の処罰を与える可能性が極めて高くなります。

 

多くのプレイヤーは上記のような言動とは無縁ですが、ごく一部のプレイヤーが不適切な言動を行った場合、その影響は対戦を行っている残り9人(5対5のモードの場合)に広がります。

このように例え一部でもその影響範囲が大きいことから、不適切な言動を行うプレイヤーに対しては厳正に対処をしてまいりましたし、今後も行ってまいります。 具体的には以下にあるような基準を用いて処罰などの対応を行います。

 

不適切な言動への対処に関するガイドライン 


お客様からのご連絡や、開発チーム内での巡回などにより、不適切な言動やそれに類する書き込み等が発見された場合、まずその言動の前後関係などの調査を実施します。

その結果、悪質と判断された場合については、以下のような対処をいたします。

 

・チャット機能制限

チャット機能の利用制限を、期限付きで実施いたします。

・信用スコアの調整

信用スコアの減点を実施いたします。この結果、ランクマッチに参加できなくなることもあります。

・アカウントBAN(期限付き or 永久に相当する)

上記の対応によっても対象のプレイヤーの言動に改善が見られなかった場合、ゲームへのログインを一定期間、または永久に相当する長期間の停止処理といたします。また、人種差別や性差別など、特に悪質と判断される言動が発見された場合には、上記の対応を経ることなく、すぐにアカウントBANを実施することもあります。

また複数のアカウントを運用し不適切な行為をしているユーザーに関しては所持している全てのアカウントに対して対処などを行う場合もございます。

 

これらの対応については、予告なく実施いたします。

また、現在NGワードの見直しも行っております。

プレイヤーの皆様が快適にプレイできる環境整備に努めて参りますので 今後とも伝説対決をよろしくお願いいたします。

万が一、これらの対処を受けたとき、その内容に納得できない場合はお問い合わせsupport@arenaofvalor.jpまでご連絡ください。

ニューストップへ