Arena of Valor International Championship (AIC)の日本代表選出について

今年のAIC2019に向けての日本代表選出過程についてお知らせいたします。

まずは、日本代表が抱える課題とそれに対してのアプローチを書きます。6月末から7月にかけて行われたAWC2019において、日本代表チームが抱える課題がいくつか明らかになってきました。いくつか代表的な課題をあげると、

  • 他国からの代表はチームとして固定メンバーで勝ち上がってきていたため、連携やマクロ面の攻め方などの練度に差があった
  • ヒーローが日本サーバー未実装なものが多く、現地に入ってからの貴重な時間を未実装のヒーローの練習に費やさざるを得なかった

このうち、後者については海外がおおよそ1月に1ヒーローのリリースであるのに対して、日本サーバーでは1月に4ヒーロー以上を出してきていることから、AICが行われるタイミングでは海外サーバーに対して差が大幅に縮小されることになります。

一方で、チームとしての連携やマクロ面の攻め方の練度をより重要な課題と認識しており、実際、AWC2019においても、日本チームが序盤にキルを取るなど有利を取りながらも中盤以降に失速してしまう例が多く見られました。日本の伝説対決 – Arena of Valor –の強化においてはこの点が大きな課題だと運営として認識しています。

そこで、今回のAIC2019の日本代表選出においては、AWCの日本代表決定戦とは違い、固定メンバーでの実績を重視するアプローチをとることになりました。AIC2019の日本代表決定戦シリーズに参加できるチームは、以下の通りとなります。

  1. Aリーグに参加している3チーム
  2. 8月実施のAOJにて優秀な成績を残した上位3チーム

Aリーグ、AOJともに、通常のコミュニティ大会としては比例なきものであり、大会への敬意を表してこのような参加形態をとることといたしました。今後同様の大会が出てきた場合はその大会からも参加を検討いたします。

詳細な日本代表決定戦シリーズは、後日発表いたします。また、既に公開されています通り、日本代表決定戦(決勝戦)は東京ゲームショウの9月15日のe-Sports X Red Stageで行いますので、プレイヤーの皆様、ぜひ応援いただければと思います。

https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2019/event/esportsx/index.html

ニューストップへ